配当性向ってなに?

企業が利益を稼げば、出資者である株主に対して還元します。

 

株式会社は出資者である株主のものですから、利益についても株主に還元するのは至極当然のことだと言えるでしょう。

 

この利益は、配当金として株主に還元されます。

 

利益の対する配当金の割合を配当性向と呼びます。}PgžxQ

 

例えば、1株あたりの純利益が100円であって、そして配当金が40円であれば40%となります。

 

この割合が高ければ、株主に対して積極的に利益還元を行う企業だと判断する事ができます。

 

株主にとっては、高ければ良いように思うでしょう。しかし、企業にとってもある程度の資金は必要となりますから、高ければ良いと言うことではありません。

 

もしも配当金を出さなかった場合にはどうなるのかというと、それは企業の内部留保となります。

 

ですから、企業の資産となるのです。その分だけ株価は上昇すると考えられますから、配当金が多いか少ないかは、実はあまり関係がありません。

 

長期的に見れば、配当金を出さないほうが良いと判断されることもあります。

 

ただ、配当金を多くもらえることを喜ぶ株主が多いために、企業としては株主を大事にしていることをアピールするための目的として配当金を多く出していると考えられます。

Comments are closed.